1. トップページ
  2. お祝い花ギフト
  3. 結婚のお祝い

結婚のお祝いFAX注文用紙はこちら(pdfファイルが開きます)



結婚のお祝い

人生において、結婚は素晴らしい経験であると同時に、責任や義務がのしかかる厳粛な儀式でもあります。
たくさんの人のなかから二人が選んだ運命の人との出会いや、これからの喜びや悲しみを共にする事を祝福し、激励しましょう。
結婚祝いでお花を贈るのは、身内のかたや遠く離れた友人が贈るケースが多いです。
「式には行けないけど、せめてお花を」という気持ちが届くようなお花を、最適なタイミングで贈れるようにしましょう。

FAX注文用紙はこちら(pdfファイルが開きます)


花を贈る時期

結婚が決まったという知らせを受けても、すぐに贈るのは禁物です。
式の日取りやら新婚旅行の日にちなどを聞いて、式の前であれば10日ほど前、式の後であれば2週間後くらいに届くようにしましょう。
式の後であれば旅行や引越しなどの日程とかぶらないように気をつけます。
せっかく贈った花が、新婚旅行中で不在で、帰ってきた頃には花が枯れている・・というケースも実際にあります。
式の直前や直後はバタバタしていますので、避けたほうが賢明です。
また早すぎるのも良くないです。とはいえ最近は入籍して結婚式は後で、といったケースなどもありますので、ケースバイケースで判断しましょう。
なお、当日式場に花束やフラワーアレンジメントを贈るのは、持ち運びの手間を取らせてしまうので、基本的にはNGです。
2次会などでの彩りとして、花束を使うのであればOKです。

↑このページのトップへ


結婚祝いのお花の相場

特に決まった相場などはありませんが、予算は3000円から7000円くらいの価格帯のお花に一番需要があります。
お金など、他のお祝いのついでに渡すケースなどでは3000円から5000円、お花のみであれば5000円くらいから贈ることが多いです。

↑このページのトップへ


どのような花を贈るべきか

結婚式周辺はかなり忙しい生活を送っていますので、なかなかお花に目を向けることができませんので、結婚式周辺の時期は避けてお届けします。
フラワーアレンジメントであれば、届いてその場において置くだけなので簡単ですし、引越しなどをしてから贈れば、新居に文字通り花を添えることができて気が利いた贈り物になります。
結婚式ではなく、パーティや2次会などに贈りたい場合には、花束もいいでしょう。

フラワーアレンジメント ◎
すぐに飾れるお花ですので、新しい夫婦にはピッタリのお花です。
結婚式も終わり、新婚旅行からも帰ったタイミングで贈れば、疲れた心もきっと癒されますよ。

花束 ○
当日の2次会や、パーティなどであれば、華やかさのある花束がおすすめです。
あまりサイズが大きなものよりも、ブーケ式のような花が気が利いていていいかもしれません。
お花も、バラを中心とした花束をチョイスすると、さらに雰囲気が出ますよ。

↑このページのトップへ





このページのトップヘ