1. トップページ
  2. お祝い花ギフト
  3. 古希祝い

古希祝いFAX注文用紙はこちら(pdfファイルが開きます)



古希祝い

古希は数え年で70歳を表します。
平均寿命が延びた昨今となっては、70歳はまだまだ老け込む年ではありませんが、70という節目でお祝いを贈る方が増えています。

FAX注文用紙はこちら(pdfファイルが開きます)

古希のお祝い 花


花を贈る時期

古希のお祝いは誕生日ですので、できれば誕生日当日もしくは前日にお届けするのがいいでしょう。
不在がありますと、せっかくのお花の鮮度が落ちてしまいますので、在宅の確認をしてから宅配の手配をするようにします。
古希祝の食事会やパーティがある場合には、その会場にお届けするようにしますが、注意したいのが、届ける時間です。
パーティーや食事会が始まる前の時間帯を希望指定時間帯にしておくのが無難です。
早くから始まる場合には、前日に先方に届けておくのも手です。
その際は、必ず会場に連絡を入れておくようにしましょう。

↑このページのトップへ


古希のお祝いの相場

古希のお祝い花の相場は、だいたい5000円から15000円くらいになります。
古希のシンボルカラーは紫ですので、紫系の花や、紫のラッピングなどが施してある花を選ぶと、より雰囲気が出るでしょう。

↑このページのトップへ


どのような花を贈るべきか

自宅に宅配をお願いする場合には、フラワーアレンジメントや胡蝶蘭などがお勧めです。
花をほどいたりする手間がかからないので大変便利です。
食事会やパーティなどに使用する場合には、花束が華やかでいいでしょう。

フラワーアレンジメント ◎
届いてすぐに飾れるフラワーアレンジメントは、手間もかからないので、古希のお祝い花に適しています。
古希のシンボルカラーは紫ですので、紫系の花や、紫のラッピングがしてあるものを選ぶと喜ばれます。

花束 ○
自宅に届けるのではなく、食事の会やパーティなどのお花としては、花束のほうがよりお祝いの雰囲気が出るでしょう。
ユリなどの入った花束であれば、高級感もボリューム感も出ることと思います。

↑このページのトップへ





このページのトップヘ