1. トップページ
  2. お供え花
  3. お供えの花

お供えの花

お供えの花

葬儀などがすでに終わっている場合や、知人や友人、その家族などの訃報を後で知った場合には、故人宅や故人の親族宅などに、お供えのお花を贈ります。
お供えのお花に選ばれるのは、白い菊や、蘭、百合などが用いられます。また、キリスト教式の葬儀では、白い百合やバラを使うことが多いです。

FAX注文用紙はこちら(pdfファイルが開きます)



お供えのお花

知人や友人の親族などが亡くなったことを、後で知るケースも多くあります。
葬儀もすでに終わり、法要の日取りなども分からないときは、さしあたってお供えのお花を贈ることが多いです。
故人のご家族をねぎらう意味でも、お供えの花をご利用ください。

お供え花の予算は、一番多く用いられているもので5000円から7000円ほどです。

↑このページのトップへ


お供えのお花の相場

贈り先様との関係にもよりますが、通常お供えのお花ですと、個人として贈る場合には5000円から10000円、会社や連名で贈る場合には、7000円から15000円がだいたいの相場になっています。

↑このページのトップへ


お供えの花の種類について

お供え花には、花束やフラワーアレンジメントなどが多く用いられます。
スタンド花などは葬儀用に使われますが、葬儀が終わった後には使いません(新盆で使用する地域もあります)。
花束は仏壇に花を飾れますが、ほどく手間がありますので、フラワーアレンジメントの人気が高いです。
色合いは、白を基調としたものが中心になりますが、四十九日を過ぎた後であれば、色が入ったものでも特に問題はありません。
通常はバラなどトゲの入ったものは避けますが、故人がバラ好きだったなどの理由があれば、バラの花束やアレンジメントなどを贈ってもいいでしょう。
ただし、その際は、宅配を依頼するお花屋さんに、必ず「お供え用です」と伝えておきます。

↑このページのトップへ





このページのトップヘ