1. トップページ
  2. お祝い花ギフト
  3. お祝い返し、内祝い

お祝い返し、内祝いFAX注文用紙はこちら(pdfファイルが開きます)



人生の中では、贈り物を頂いたりお祝いをして頂いたりする機会が数多くあります。そうした時はお付き合いの上からも頂きっぱなしというわけにはいきません。まず基本としてお祝いを頂いたら、どんな場合においてもお礼の手紙を出すか、お礼の電話をかけましょう。お祝い返しとして多いのが結婚内祝い、出産内祝い、入学内祝い、新築内祝いなどの「内祝い」です。内祝いとお祝い返しは本来別のものですが、最近では簡略化されて、内祝いとお祝い返しを同じように使用することが多いです。

お祝い返し、内祝いの花の相場

通常は、いただいた金額などに合わせて、3000円から5000円程度のものが多いです。
沢山いただいた場合にも、10000円ほどが上限金額です。
FAX注文用紙はこちら(pdfファイルが開きます)

お祝い返し、内祝いの相場 贈る時期


花を贈る時期

お祝いをいただいてから、1ヶ月程度までが目安となります。
早すぎず、遅すぎず、1週間後から1ヶ月の間に届くように手配するとよいでしょう。

↑このページのトップへ


お祝い返し、内祝いの花の相場

通常は、いただいた金額などに合わせて、3000円から5000円程度のものが多いです。
沢山いただいた場合にも、10000円ほどが上限金額です。

↑このページのトップへ


どのような花を贈るべきか

お祝い返しや内祝いは、あくまでもお祝いをいただいてありがたいと思う気持ちを表すものですので、大げさなものである必要はありません。
お届け先様の好きな花などがあればそれを贈ればいいですが、数箇所にお返しする場合には、予算などで選ぶのが合理的です。

↑このページのトップへ


お祝い返し、内祝いに適したお花リスト

フラワーアレンジメント ◎
そのまま置いて飾れるのが一番のメリットです。
お届け先の手をわずらわせることなく、予算も3000円程度からあります。

花束 ○
お花が好きな人には花束がおすすめです。
ほどく手間がかかりますが、花瓶に生けた時には花束のほうが映えます。

胡蝶蘭 ○
予算が最低でも10000円以上するので、あまりお祝い返しや内祝いに適してるとは言えませんが、特別にこの人だけには!という場合には、胡蝶蘭がおすすめです。

↑このページのトップへ


お祝い返しのメッセージの書き方

一般的には、「お祝い返し」や「内祝い」などのカードを付けておきますが、個別に感謝の気持ちを伝えたい場合には、メッセージを記入することもできます。
くだけた文章でも失礼にはあたりませんので、お花と一緒に感謝の気持ちも伝えてみてはいかがですか?

↑このページのトップへ





このページのトップヘ