1. トップページ
  2. お供え花
  3. 回忌法要、法事のお花

回忌法要、法事のお花

回忌法要、法事のお花

法事は亡くなった方を思い、偲び、家族や親戚、友人が集まる儀式です。
年忌法要は一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、三十七回忌、五十回忌、百回忌となります。ちなみに法要は仏教用語で、仏様を供養するという意味があります。
神道では霊祭(みたままつり)といい、死後十日ごとに行われ、五十日で仏教でいう四十九日と同じ忌明けになります。
キリスト教では、カトリックの場合は、追悼ミサといい、死後、三日目、七日目、三十日目に故人の一族、友人が集まって追悼ミサを行います。
プロテスタントでは記念式といいます。記念式は故人の死後、一か月後の昇天命日に行われ、その後は一年目、三年目、七年目にとり行われます。

FAX注文用紙はこちら(pdfファイルが開きます)



回忌法要、法事のお花の相場

一周忌、七回忌、十三回忌は比較的大きな節目ですので、5000円から10000円前後のものがよいでしょう。
その他の法事などはささやかにされる場合であれば、仏前に5000円から7000円程度が一般的です。

↑このページのトップへ


贈る時期とお花の種類

法事などが開催される場合は、当日ですと何かとバタバタしていますので、必ず前日までに宅配の手配を済ませておきます。

お花の種類はフラワーアレンジメントや花束が多く用いられます。
色合いは一周忌までは白系のお花でまとめたものを贈るのが望ましいですが、それ以降は少し色が入ったものでも失礼にはあたりません。

また、故人が好きだった花などが分かっている場合には、一周忌などでもそのお花を使ったアレンジメントや花束を贈るのもいいでしょう。
若い方などが亡くなられた場合には、白にこだわらないケースも増えてきています。

↑このページのトップへ





このページのトップヘ