1. トップページ
  2. お祝い花ギフト
  3. 還暦祝い

還暦祝いFAX注文用紙はこちら(pdfファイルが開きます)



還暦祝い

昔の平均寿命は50歳から60歳で、還暦と言えば長生きと思われていました。
昔から、還暦のお祝いには赤ちゃんに戻る、また魔除けの意味があるとされる赤いチャンチャンコや赤い頭巾、赤い座布団などを用意する風習があります。
しかし、現代では60歳はまだまだ現役で元気な方が多くいらっしゃいます。
還暦のお祝いにはほかのプレゼントを用意される方もおおいようです。
そんな時に、お花のプレゼントにされてはいかがでしょうか。

FAX注文用紙はこちら(pdfファイルが開きます)


還暦祝いのお花の相場

還暦祝いは、一番ポピュラーな長寿祝いであるため、家族で食事会などをするケースが多いので、その際に渡す花束やアレンジメントで、予算は5000円から10000円くらいのお花が多いです。

↑このページのトップへ


花を贈る時期

数え年で61歳、現在の年齢の数えかたでいうと60歳の誕生日が還暦にあたりますので、誕生日当日もしくは前日が望ましいでしょう。
食事会や還暦祝いのパーティなどがある場合は、その日時に合わせて宅配してもらいましょう。

↑このページのトップへ


還暦祝いのお花の相場

還暦祝いは、一番ポピュラーな長寿祝いであるため、家族で食事会などをするケースが多いので、その際に渡す花束やアレンジメントで、予算は5000円から20000円くらいのお花が多いです。

↑このページのトップへ


どのような花を贈るべきか

還暦祝いのシンボルカラーは「赤」なので、赤い花が入っているものや、赤を中心としたアレンジメントや花束、またはバラの花束などがおすすめです。
還暦祝いは基本的にどんな種類のお花でも大丈夫ですので、お届け先の状況や予算を考えて決めましょう。


花束 ◎
還暦祝いの食事会などがある場合には、華やかさを演出する花束がピッタリです。
百合や赤い花を中心に仕上げてもらうと、より豪華な印象になるでしょう。
花束の予算は5000円から10000円程度です。
豪華なものではバラの花束などがあります。
60本の赤バラの花束は予算もかかりますが、一生忘れられない記念日になるでしょう。

フラワーアレンジメント ◎
お届け先の自宅へ宅配してもらう場合には、そのまま置いて飾れるフラワーアレンジメントがお勧めです。
還暦のカラーは赤ですので、こちらも赤系のアレンジメントをチョイスすると、還暦のお祝いらしくなります。

胡蝶蘭 ○
ピンク色の胡蝶蘭が還暦祝いには人気があります。
予算は3本立ちのもので15000円~程度かかりますが、ご自宅に飾るにはこれ以上ない贈り物になるでしょう。
大きなものになりますので、食事会やパーティ会場への配達は避けたほうが無難です。

↑このページのトップへ





このページのトップヘ