1. トップページ
  2. お供え花
  3. 葬儀のお花

葬儀のお花

葬儀のお花

亡くなられた故人を偲び、執り行われる葬儀に花は欠かせません。
訃報を聞いたのでしたら、供花の手配を早めに行います。
まず、葬儀の日時、供えるお花の形式、お花の種類、数量を伝えます。
また、故人の名前、喪主の名前と、送り主の名前を伝えます。会社として、贈られる場合には、会社名と代表者の名前を伝えましょう。

葬儀のお花の相場ですが、¥15000~¥20000位が一般的な相場です。
予算がオーバーしてしまう場合には、後日、フラワーアレンジなどをご自宅に宅配してもらうとよいでしょう。
供花・花輪は、1つを一基、2つで一対とします。
親族でもない限り、一基だけお贈りするのが一般的です。
会社からお贈りする場合は札・メッセージを入れるようにしましょう。
一般的には縦書きで、立て札は「供」とし(葬儀場や地域によって変わる場合がありますので、その場合は地域の風習を優先します)、その下に送り主の名前を入れるようにします。

FAX注文用紙はこちら(pdfファイルが開きます)



花を贈る時期

葬儀は通常、通夜と告別式の2日に分けて行われます(地域によって告別式のみの地域もあります)。
通夜と告別式がある場合は、通夜までにお花をお届けする場合がほとんどです。
葬儀の連絡を受けた場合は、必ず場所と通夜の時刻を確認し、通夜までにお届けしてもらうように手配をします。

連絡をもらうのが遅くなり通夜に間に合わない場合は、告別式(葬儀)当日の午前中に届けてもらうようにします。

葬儀を執り行わず、後日お別れの会などをする場合は、生花を辞退されるケースもありますので、必ず確認をして下さい。

↑このページのトップへ


葬儀の花の相場と、贈る花の種類

通常は葬儀の場合、葬儀用のスタンド花を贈ります。
相場は15000円から20000円くらいのものになります。
予算の都合がある場合は、10000円くらいのフラワーアレンジメントを葬儀場に届けるよう手配します。
後日、故人宅などに宅配する場合は、5000円くらいのフラワーアレンジメントや花束がオススメです。

↑このページのトップへ





このページのトップヘ