1. トップページ
  2. お祝い花ギフト
  3. 快気祝い

快気祝いFAX注文用紙はこちら(pdfファイルが開きます)



快気祝い

快気祝いは入院中や病気療養中などに、様々なかたがたにいただいたお見舞いに対して、元気になった喜びと感謝の気持ちを伝えるものです。
退院後も自宅療養が続く場合などは、快気祝いでなく、「お見舞い御礼」と書きます。
「病気が残らない」の意から、後に残らないものを贈るのが基本ですので、花は快気祝いに広く利用されています。

FAX注文用紙はこちら(pdfファイルが開きます)

花贈りあれこれ 快気祝い 花


花を贈る時期

快気祝いは全快を報告するもですので、お花を贈るのは、あくまでも自分の体が本調子になってからです。自宅療養していた場合には元気になってから、1週間から10日を目安に贈りましょう。

↑このページのトップへ


快気祝いの花の相場

いただいたお見舞いの半額程度が目安ですが、全員一律に同じものを贈ってもよいでしょう。
金額としては3000円から7000円くらいの価格帯が多いです。

↑このページのトップへ


どのような花を贈るべきか

快気祝いやお見舞い御礼などは、花束というイメージではありませんし、胡蝶蘭などでは予算がオーバーしてしまいますので、フラワーアレンジメントが圧倒的に多いです。
フラワーアレンジメントは届いたらそのまま飾れますし、生花なので枯れていくことから「病気が残らない」の意で広く使われています。

↑このページのトップへ


快気祝いのメッセージカードの書き方

カードには全快の場合には「快気祝い」「快気内祝い」などとしておきます。
退院という場合は(病気が全快していない場合)、「お見舞い御礼」「謝お見舞い」などとしておきます。

↑このページのトップへ





このページのトップヘ